hyperMILL 2017.1 新機能 2016.2 新機能

最先端の5軸テクノロジーは、秀逸な5軸ツールパス生成と無駄のない自動干渉チェック&回避を両立させ、複雑な5軸加工をシンプルなオペレーションで実現します。 更に5軸高速荒加工機能や、バレル工具を用いた多軸等高線仕上げ加工(タンジェントプレーン加工)など、常に一歩先を行く開発を行っています。

2D / Classic / Expert 2軸~3軸ミーリング加工

一般的な2軸加工から、フィーチャの自動認識による穴あけ、ポケット加工、プログラミングの時間を短縮するインテリジェントマクロ、モデル形状によってツールパス生成を使い分けられる等高線最適化加工、削り残り部加工、秀逸な干渉チェック等 実践で高い効果を上げる機能をお仕事に合わせて3種のパッケージから選択できます。


オープンポケット加工

底面のないポケットまでも識別する自動ポケット認識

穴フィーチャー 穴を自由に定義可能

指定した傾斜に対しツールパスを生成する低傾斜部加工

等高線加工は様々な最適化機能を装備

オプションのhyperMAXX Machiningは加工形状に応じてスパイラル状とトロコイド状のツールパスへ切り替え大容量の素材除去が可能

5Axis 5軸機能

2D、Classic、Expertの2~3軸基本モジュールに5軸オプションを追加して利用します、多彩な5軸ツールパスからお仕事に最適なものを選択しご導入いただけます。


位置決め多面加工:ワークを段取り替えすることなく、様々な方向から2軸、3軸の加工が可能です。

位置決め3+2切削加工:加工方向に対し、傾斜した工具軸で干渉の無い3軸パスを計算します。

オートマチックインデックス:加工機が同時5軸加工の動的要件を満たしていない場合でも代用となる加工手法を提供します。

同時5軸加工:干渉を自動的に検出し、工具の傾きを変更して回避、最適化された工具傾斜により、加工時の切削条件を改善します

5軸3次元ピッチ加工:立ち壁部と平面エリアを 1 つの工程で加 工させることが可能

オートマチックインデックスによる5軸削り残り部加工:モデル全体を1つの工程で削り残り部加工が可能

5軸フリーパス加工:立壁が隣接する場所でも干渉を起こさずに短い工具で筋彫り加工が可能

5軸等高線仕上げ加工:急勾配の加工面を高さ優先もしくはポケット優先で加工させるために使用

5軸スワーフ加工:工具の側面を使用し大きな切削量で加工、加工時間の短縮や仕上がり形状の改善になります。

5軸シェイプオフセット加工:指定した底面をオフセットしたような同時5軸での切削、荒取り用/仕上げ用の2種類があります。

タンジェントプレーン加工:新しくhyperMILLが提案するこのテーパーバレル工具を用いた仕上げ加工は多軸加工を更に高効率化します。

タンジェントプレーン加工はテーパーバレル工具によりアンダーカットのある底面や、立壁部、ポケット底部に対し最適な加工が行えます。

millTURN 旋削機能

ミルターンモジュールは完全にhyperMILL®に統合されており、単一のユーザーインターフェースですべての切削加工および旋削加工を行えます


旋削荒&仕上げ加工:荒加工は、長手方向の旋削、面削り、平行輪郭荒加工として実行

溝加工:溝、突っ切り、溝切りの作業がプログラム可能

ねじ切加工:一定ピッチの外ねじや内ねじの旋削加工に使用、一条または多条の円筒、円錐形の外ねじや内ねじ加工も対応

専用パッケージ

hyperMILLはインペラ加工やブレード加工などの5軸機能をフルに活用して加工されるお仕事に対し、それぞれに効率の良いモジュールを揃えた専用パッケージをご用意しています。

マルチブレードパッケージ:インペラおよびブリスク加工に特化したパッケージです。


マルチブレード荒加工:中仕上げ加工状態のワークから、連続的なプロセスでブレードを加工、時間のかかる切削シミュレーションを省略可能

マルチブレードハブ仕上げ加工:ツールパスをハブの空力特性と外観に従って調整し、発注企業の要望を満たします、ブレードに隣接する削り残り部の加工にも最適

マルチブレードフィレット加工:ハブとブレードサーフェイスの境目の半径が一定ではない場合に最適な加工機能、削り残り範囲の加工にも最適

シングルブレードパッケージ:タービンなどのブレード加工に特化したパッケージです。


3Dストック荒加工:任意に設定可能なストック形状に対して、ブレードをさまざまな方向から加工

5軸ブレードヒール加工:翼面の仕上げ加工用、ボールエンドまたはブルノーズ工具を使い、同時5軸もしくは同時4軸でスパイラル状にツールパスを作成

5軸ブレードスワーフ加工:プラットフォームサーフェイスのスワーフ加工に使用、5軸ヒール加工で加工できないブレードとプラットフォームサーフェイス間の推移を加工可能

チューブパッケージ:エンジンの吸排気ポートや、ポンプやコンデンサーの吸排出用のパイプ部加工に使用


5軸チューブ荒加工:チューブ形状をストックモデルの状態から、連続的な加工プロセスで加工、スパイラル状に切り込みながら底面まで加工

5軸チューブ仕上げ加工:スパイラルまたはパラレルでツールパスを作成し、チューブ形状の仕上げ加工を実行、スパイラル状のツールパスでは、境目のない高品質の仕上がり面品位が作成可能

5軸チューブ削り残り部加工:削り残りエリアをスパイラル方向またはパラレル方向で加工、加工する幅を制限可能

タイヤパッケージ:タイヤ用金型専用パッケージです。


5軸ヒール加工:フラットエンドミルやブルノ-ズを使用し大きなステップオーバーをとって、短時間で荒加工を実行、さらに事前に旋削された状態のストックモデルに対する荒加工を最適化できます

ストック荒加工:削り残ったエリアだけを効率よく加工できる機能、削り残り部を正確に追跡するので無駄な動きをさせずに、細く長い工具を使用した際にも、非常に高い信頼性が保証されます。

5軸削り残り部加工:タイヤの金型の鋭いエッジ部位を、再加工することなしに、細長い工具で精密に加工していくことが可能、アンダーカットを含めた、すべての削り残り部を認識します。

hyperVIEW 切削とマシンシミュレーション

切削シミュレーションを兼ねたマシンシミュレーションは、hyperMILLの標準コンポーネントです。この高性能の制御ツールにより、作成された切削パスを正確に可視化することができます。

hyperCAD-S CAD機能

CAMのためのCADモジュール


高い操作性でCAMモジュールに適した様々なモデリング機能を装備しています。

スワーフ面:モデルに対しスワーフ加工に適したフェイスを簡単に作成、コーナーの内側には自動的にフィレットが挿入されます。

デフォメーション:自由曲面をスムーズに変形します、変形時、位置情報に加えて接線情報も利用可能です。

メッシュスムージング:メッシュ状態の偏りを修正するためにメッシュをスムージング化する機能です。

メッシュの簡略化:図形を崩さずにメッシュの密度を減らすことができます、データの軽量化によりモデルに対する計算が速くなります