5軸原点&旋回中心計算プログラム

テーブル旋回型5軸加工機 原点計算プログラム

本プログラムは、5軸加工での角度旋回後の原点を計算するマクロプログラムと同じ仕様をプログラム化したサンプルです。 (詳細は、「5軸の基本ーマクロで原点を設定する方法」をご参照ください。 )
角度旋回後の原点を計算することにより、旋回後の原点がどのあたりに来るかを把握 することが出来ます。 それによって、工具の突き出しを検討したり、XYZのストロー クオーバーなどのチェックの参考にもなります。

 

テーブル旋回型5軸加工機 旋回中心計算プログラム

テーブル旋回型5軸加工機では、傾斜軸、回転軸の旋回中心位置を正確に登録しておくことが重要になり、最近では機械に付属している旋回中心キャリブレーション用のツールを使って旋回中心の測定及びパラメータへの反映が出来るものも多くなってきています。

本プログラムは、それらのツールが無い場合のために、テーブルを旋回させながら2点又は3点を計測し、その座標から旋回中心を計算するというプログラムになります。

 

オイラー(EULER)角、空間(SPATIAL)角、シミュレーションプログラム

※このプログラムは 2020年12月31日でAdobe Flash Playerがサポートを終了したため、公開を終了いたしました。
ご了承ください。